いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
それは、ある日、突然はじまりました 9
ある時、このままではラチがあかないと思った私達は
保険会社の担当者の方に
直接会って、お話できる機会を作ってもらえるようにお願いしました。

この時点まで、電話での連絡は頻繁にとっていましたが
先方が介入を了承していない以上
直接的なコンタクトはとれないということで
実際にお会いしたことはなかったのです。

お会いすれば、何か進展があるかもしれない・・・
私達には、もう他によりどころにできるところもなく
藁にもすがる思いで、担当者の方との約束の場所へ出かけていきました。

担当者の方は、私達の親ほどの年齢の方でしたが
「こんなケースは扱ったことがない。はじめての事例です」 と
おっしゃいました。
先方からの脅迫めいた発言の数々もお話して
とても自分たちだけでは、対応できない
なんとか間に入ってほしい、ということをお願いしましたが
返ってきた言葉は、以前と同じく
「先方の了承がなければ・・・」 というものでした。

この時点で、すでに私は憔悴しきっていましたが
先方が示談書を書かないと言っている以上
10万円を渡しても、それで解決するとは思えず
また何度も、金銭の無心があるのではないか、ということが
頭にあったので、どうしてもそれだけはしたくなかったのです。

なんとか保険会社に間に入ってもらって
本当に車の傷は犬の爪がつけるようなものなのか
いぶきの体格と一致するのか
修理費用は妥当なのか、等
専門家の方に調査していただきたい旨をお話しました。

そして夫は
自分たちが今、どんな状況におかれているのかを証明するため
担当者の方の目の前で、先方に電話をかけたのです。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。