いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
あのとき、君は若かった
大好きなブログ
ゴン太通信のゴンねぇさんに
いぶきは元々、ゆる~い感じだったんですか、と以前
ご質問をいただきましたので
今日はいぶきの子犬の頃の写真をひっぱり出してきてみました。

当時はデジカメを持ってなくて
インスタントカメラで写したものを
スキャンしたので画質は悪いのですが・・・




126子犬2

生後、3ヶ月頃のいぶきです。

ブリーダーさんのお宅に見に行ったとき
すでに他の兄弟のほとんどは
もらい手が決まっていて
いぶきと、あと2人の女の子がゲージの中にいました。

2人の女の子は、子犬らしくじゃれあって
かわいらしい姿を見せてくれているのに
いぶきときたら、ゲージのすみで
丸まって、じっとりこっちを見上げていました。

はっきり言って、かわいくはありませんでした汗;
なんというか、目がすわってるし
顔に表情というものがないし
異様に耳だけでっかくて、ダンボみたいだし
いかにも小心者です、という身のこなし。

それでもなんとなく・・・
この子でなくちゃぁ、と私に思わせたもの。
この気持ちを縁と言わずになんと言えばいいのか・・・

そうしていぶきは、我が家へやってきてくれたのです。





1262子犬

耳の病気をして
お腹に回虫がわいて
すぐに下痢をして
嘔吐をくりかえして・・・
本当に、ハラハラすることの多かった子犬時代。
「生きていてくれるだけでいい」 そういう願いを込めて
「息吹」 と名づけました。




1263子犬

壁紙をガリガリに噛んで
お母さんに怒られたこと。
何度も廊下におもらしをして
お父さんに怒られたこと。
若い頃は、リードもガンガン引っ張る
暴れん坊将軍でした。

元々、おっとり、ゆるゆるの
素質は持っていたのだと思いますが
それが顕著に現れるようになったのは
4年前、私の結婚に伴って
愛知県に来てからのことです。

それまでは、雨でも降らない限り
日中は外で過ごして
夜はお家の中で過ごす毎日。
それが、愛知に来てからは
1日のほとんどをお家の中で過ごして
まぁ、いぶきに言わせれば
「役不足ですね」 ということになるでしょうが
一応、私がそばにいます。
一時期、私は実家を離れていたこともあり
こんな風に、いぶきと一緒に過ごせる時間が
もてるようになったのは
結婚してからのことです。

一番、いぶきとの時間をもってきた私からすれば
いぶきは元々、ゆるゆるなところを持っていたものの
ぶきっちょで要領が悪いため
悪い面が強調されていただけだと思うのですが
たまに、実家の母が愛知に遊びに来ると
「いぶきが、ぎゃん、おりこうになったったん。たまがった!」
略しますとjumee☆faceA106
「いぶきが、こんな風におりこうになって。びっくりした!」
というようなことを言います。

一応、母は褒めてくれているつもりなのですが
そのたびに、実家でのいぶきの武勇伝
何を壊した、どこをかじった等等
とめどもなく飛び出してくるので
私としては、ちょっと耳が痛かったりします汗;

6月で10歳になるいぶき。
ブリーダーさんのお宅からお家へ。
お家から愛知のマンションへ。
そしておととしの事件で、アパート。
さらに騒音トラブルで今のマンション。
ちょっとした転勤族のお父さんくらい
引越しを経験して
やっと今、落ち着いた生活をおくれるようになりました。

いぶきのためにも
元気でいなくちゃあ、と
私も病気と向き合う日々です。

私みたいな人間のところにもらわれて
いぶきは「がっかりです」 と言うかもしれないけど
私は本当に、いぶきが来てくれて
そばにいてくれて
こんなに幸せなことはないと思っています。

盗み食いをしたら怒るけど
私のクッションをヨダレでダラダラにしても怒るけど
大好きだぞ~! ということは
ちゃんと伝わってるかな。

無限ではない大切な時間を
これからも、大切に使いたいと思います。

あぁ、今日はなんだかまじめだぁ、私jumee☆shy1




にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。