いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
病院での出来事
先日、年に一度の
混合ワクチンを受けに
動物病院へ行ってきました。

そして、最近
ちょっと心配していた・・・






















200908191病院にて


わかるかな?

左目のまぶたのあたりに
おできのようなものができていて
以前、動物病院で
良性の腫瘍だから
大きくなるようなことがない限り
このままで大丈夫、と
診断されたのですが
こころなしか、少しだけ
大きくなっているような気がして
あらためて相談することに。





















200908192病院にて


待合室でのいぶき。

行きかう人や
ワンちゃんが気になり
落ち着きません。















200908193病院にて


そして、診察室へ。

この日は院長先生ではなくて
はじめて診てもらう新しい先生でした。
ちゃちゃっとワクチンのお注射を済ませ
肝心の目のおできのことを相談。
丹念に診ていただき
視界に影響はないし
触診と肉眼で見る限りは
心配いらないように感じるけれど
一応、細胞の検査をしてもらうことに。

そうです。
このまぶたの
おできにお注射をプスリ、と。
お注射のために
先生に抱っこされて
診察室の奥に入っていくとき
一瞬いぶきが「きゅーん」 と鳴いて
こんなことはめったにないので
待合室で待っている間
とても胸が痛みました。

が、しばらくして
病室から出てきたいぶきは・・・
























200908194病院にて


意外とごきげん。

顕微鏡で見る限り
悪いものではなく
良性の腫瘍
ようはただのできものの可能性が
非常に高い、と言っていただきました。
ただ、その先生がおっしゃるには
人間で同じものができた場合
手術して患部を切除する方法をとるのが普通なので
ワンちゃんの場合も
本当なら切除してしまうのが
一番いいですよ、と。

前に院長先生から
このままで大丈夫。
外科的な処置は必要ない、と
言っていただいていたので
ちょっと動揺。

先生によって
おっしゃることが違うのは
飼い主としてはとても不安になります。

私はとにかく
このおできがいぶきの体調に
悪影響を及ぼす可能性があるのかないのか
そこが一番心配だったので
何度もそのへんを質問させていただいたのですが
その可能性は極めて低い、と言っていただきましたので
11才という年齢のこともありますし
悪いものでないなら
現時点で新しいリスクを冒す必要はないか、と。
とりあえず、このままで、ということで
診察は終了しました。





























200908195病院にて


いぶきはしゃべれないから
いぶきに一番いいこと
いぶきが一番望むことを
想像して、想像して・・・
それでもいくら想像しても
いつまでも足りないような気がして
これでいいのかな、間違ってないかな、と
本当に、これという100%の自信を持った
決断ができなくて
ふがいないな、と思う自分がいます。

そんなふがいない自分に
ちょっと落ち込み気味で
待合室でお会計を待っている間
実はこんなことがありました。

いぶきを見て
「女の子ですか」 と声をかけて下さった
とても上品なすてきな女性。
年齢は私の母くらいかな、と思いましたが
物腰がとても優しくて
いぶきを見つめて下さるお顔が
本当に愛おしいものを見つめる
あまりに優しいお顔なので
なんだか私は
それだけで救われるような思いがしました。

その方とお話しているうちに
その方の飼われているワンちゃんが
今朝、血尿が出て
病院に来られたことを知りました。
「今、検査中なの」 と
おっしゃったとき
本当にドキリとしました。
その方の飼われているワンちゃんは13才。
いぶきは11才です。
いぶきの身に、いつ起きてもおかしくないことが
そのワンちゃんの身に起きている。
なんだかとても人事とは思えなくて
でも口下手は私は
本当に情けないことに
「ご心配ですね」 とか
とりとめのないことしか言えず・・・。
そうこうしているうちに
お会計に呼ばれ
待合室から離れる瞬間がやってきました。
私は「検査結果がいいものでありますように
お祈りしています」 と言って
その方は優しく「ありがとう」 と
言って下さいました。
そして、その場を立ち去ろうとした瞬間
私の左側にいたいぶきがふっと
右側に来て
その方のそばまで行って
ひざの上にあごをのせるような
仕草をしたのです。
私の持っているリードを
ぐいっと引っ張るような
そんな強引な動作ではなくて
本当にさりげなく
そよ風みたいに動いて行って
そっとその方のそばまで行って
まるで寄り添うみたいに
静かに立っていました。

なんだか私は
いぶきは実は
なんでもわかっていて
その方が不安なことも
すごく心配していることも
ちゃんとわかっていて
わかっているよ
大丈夫だよ、と
いぶきの精一杯の伝達手段で
伝えようとしたように思えて
情けないことに
涙ぐんでしまいました。


























200908196病院にて


動物病院で会った
優しい方のワンちゃんが
苦しくないように
痛くないように
穏やかな日々を
今日も過ごしていることを
心から願い、祈っています。

きっと、いぶきも。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ



スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。