いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「べき」 じゃなくて 「たい」 なんだ
先日、かかりつけの病院で
最近、あまり体調がよくないことについて
先生とお話した折に
「こちらとしては、あなたの
体のことが心配なので・・・」 と
最近、手のかかるいぶきについて
なんとか負担を減らす方向で
考えられないか、という内容のことを言われました。

でも、不思議。
確かに体はしんどいことがあるけれど
私はぜんぜんイライラしていないし
落ち込んでもいない。

「負担」 という言葉が
こんなにもしっくりこないものか、というくらい
心は負担に思っていない。




















200912121守るべきもの


それはきっと
こういうことかな、という想いに
行き着きました。



















200912122守るべきもの


私はきっと、いぶきのことを
「守るべき存在」 というより
「守りたい存在」 と感じているんだと。

極論になりますが
したいことをしているので
体が疲れることはあっても
心がすさむことはない。
そんな、ごく自然な結論に至りました。



















200912123守るべきもの


力のない私は
今、世界のどこかで起きている戦争をとめることも
北極の溶けゆく氷を維持することもできないけれど
せめて、私の目の届くところ
手を伸ばせば届くところまでは
気を配っていたい。
その小さな想いが
どこかで世界でつながっていると信じて。
そして、いつかもっと力を蓄えることができたとき
今以上のことができるようになったらいい。
いつか死んでしまう日がきて
その5分前にも
私には今、何ができるだろうと
やっぱり考えていたい。
人の心を感じていたい。

いぶきは私にとって
守りたいもの、そのものです。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。