いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ゴンちゃんに捧げる言葉
7月7日 ゴン太通信 の
ゴン太くんが亡くなりました。
12歳でした。

こんな風にゴンちゃんのことを話すとき
「ました」 「でした」 なんて
過去形で話さなければいけないことが
たまらなくさびしい。

飼っていたペットが亡くなると
「虹の橋」 を渡ると言います。

原文

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。

15時頃
ゴンちゃんがだびに付されることを
ゴンねぇさんが
ブログに書いてくださっていたので
ちょうどその時間
いぶきと一緒に
空を見上げて
ゴンちゃんのことを想いました。
自然に手を合わせていると
いぶきがその手に鼻を押し付けてきて
「クーン」 とさびしそうな声を出しました。


















201007012ゴンちゃんに捧げる言葉


ゴンちゃん、ここが
あなたに見てほしかった
そしていつか
あなたといぶきと
歩けたらいいなぁと
勝手に願っていた
私の大好きな景色です。

願いは叶わなかったけれど
そういうすてきな願いを
抱かせてくれたあなたに
心を込めて
この写真を贈ります。

あなたの笑顔にありがとう。
あなたの広い、大きな背中にありがとう。
あなたの優しい心にありがとう。

あなたを思い出すとき
さびしい、悲しい涙と一緒に
楽しそうだったあなたを想い
幸せそうだったあなたお想い
心にあたたかなものが
広がっていくのを感じます。
だからこそ、やっぱりさびしい。
とてもさびしいよ。
そしてその分だけ
やっぱりまた
ありがとうと言いたくなる。

あなたの人生に
あなたが生まれ
あなたが生きた時間に
勇気付けられ
元気づけられ
笑顔をもらった人間が
ここにも一人いることを
きっとあなたに届くと信じて
ここに記します。




















201007091ゴンちゃんに捧げる言葉


さよならは言いません。
いつかきっと
きっといつか
どこかで出会えるような気がしてしょうがないから。

ご家族のこと
今、ゴンちゃんがいる場所から
見守っていて下さいね。

舌足らずな私から
大好きなあなたにこの曲を。
Mr.Children 花の匂い



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ


スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。