いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ぐずり疲れる
今朝、なぜだかめずらしく
ぐずり出したいぶき。

身体の調子が悪そうでもないし
トイレもお水もすませて
いつも通り
もうすぐ出勤していく夫を見送る時間になって
急にむくっと立ち上がり
ぱたぱたと歩き回り
まだお薬が残っていて
ベッドに横になっている私を
起こそうとします。

ぱたぱた歩いては私の方を見つめ
そして「部屋から出よう」 と
言わんばかりにドアの前に立ついぶき。

いぶきにはめずらしいことです。

おトイレに起こすことや
気分が悪くて起こすことはあっても
こんな風に特別な理由もなく
強引に私を起こすことは
普段はほとんどない、いぶきです。

けれどそれは
こちらの都合。
特別な理由がない、と
さっき言っておいて
さっそく取り消してしまうという
ふわふわっぷりを発揮しちゃいますが
いぶきにはいぶきの
特別な理由がいつもそこにはあって
用はそれが、私に伝わっているかどうか
私が受け止められているかどうか、と
いうことなんだろうな、と今
思っています。




















201008051ぐずり疲れる


怖い夢を見たのかな。
今日は休日で
みんなでお出かけできると思い込んじゃったかな。
お腹がごろごろして不快なのかな。
よく分からないけれど突然、不安になったのかな。
わがままを言ってみたい気分だったのかな。

主治医の先生が
冗談半分に
「僕はこれをのんだら48時間は起きれないよ」 という
お薬をメインに
就寝前にどっさりお薬をのむ私の身体は
朝、まるで自分の身体じゃないみたいにおぼつかなくて
ろれつがまわらなくて
足がもつれて
とても頼りない。
そんな私の想像できることも
きっととても頼りない。
けれど、いぶきさん。
あなたのことをわかりたい、と
真剣に思っていること
確かに思っていること
伝わっていたら嬉しい。




















201008052ぐずり疲れる


不眠症であることを
私は普段、あまり口に出しません。
それは別に
恥ずかしいことと思っていて
できれば隠していたい、とかではなくて
聞かれてもいないのに
自分の血液型を言うのってちょっと違和感あるでしょう? という感じ。

けれど以前は
口にすることで
自分の現状を受け入れていけると感じていて
普通の会話の中で
「眠れない」 ということを
わりとオープンに話していました。

そのときの相手の方の反応はさまざまですが
悲しい、さびしいこともたびたびありました。
「お家でだらだらしてるから眠れないんだよ」
「疲れたら自然に眠れるんじゃない?」
「眠れないで死ぬことはないし」

悪意がないのは分かっています。
だから悔しい、でも
いらだたしいでもなく
悲しい、さびしいのです。

朝の5時にベッドから出て
7時には外出して
夜の8時に帰宅することが
2日続いても
眠れないときは眠れない。
ヨガもして
有酸素運動もして
ちゃんと睡魔もあるのに
眠りに落ちていく一歩手前のところで
なぜだか頭だけは冴えている。
眠れないことで
もちろん死んだりはしないけれど
やっぱり身体はどうしてもしんどくなってしまう。
外出する体力も
宅急便を受け取るべく
玄関に行こうとしても
果てしなく玄関が遠く感じることを
想像してくれる人は
とても少ない。

そしてそれを
察してください、と
お願いできるだけの資格も
私にはないと思っているので
何か言われても
「そうだね」 と
笑って聞いていました。

そして、そんな時間がしばらくあって
もうこの時間からは卒業しようとふっと思い
今はもう、あまり自分の身体のことを
話すことはありません。

だから「元気そうだね」 と言われると
嬉しい反面
胸の奥がぎゅっと苦しくなる。

わがままだなぁ、自分(笑)

話をいぶきさんに戻します。

めずらしく朝からぐずったいぶきさんですが
お昼前には、すやすやと
眠りに落ちていきました。
それはとても気持ちのよさそうな顔をして。

けれど本当のところは
いぶきにしか分からない、と感じます。
気持ちよさそうな顔をしているけれど
本当は何か不満なことを抱えていて
ふてくされて寝てるだけかもしれないし。
そうじゃないと思いたいけれど
そうじゃないないなんて
やっぱり私には言い切ることができません。

100%分かるなんて
100点満点の人生や
完璧な人なんていないっていうのと同じレベルで
ごくごく自然なことに思えるから。
そしてだからこそ人生は自由で
おかしみを帯びていて
そして何より
謙虚に生きられるのだと思う。

おっと、つらつらと書いていたら
外が暗くなってしまった(笑)























201008053ぐずり疲れる


多分、私の分まで
眠ってくれているのだろう(笑)いぶきさんのために
今日もそこそこ美味い
ご飯を作ろうと思います。

最後に、嬉しかったことなので記録として・・・。
今朝、ぐずっていたいぶきを前に
「いぶきが休ませてくれなくて」 と言った私に
「俺が会社休んで、いぶきの面倒をみようか」 と
躊躇なく言ってのけた夫にちょっと感動。
ここ1週間ほど、ぐっすり眠れないことが
続いているのを知っているゆえの言葉なのですが
素直にとても嬉しかったです。
そして、とてもありがたかったです。
心の中で夫に手を合わせながら
会社の皆さんのご迷惑になるといけないから、と
出勤していく夫を見送って
いぶきと二人きりの部屋で
私はいい家族を持って
幸せだなぁとしみじみと感じました。
そして、多分それは
いきなりそうなったわけではなく
これからももちろん
どんな形かで変化していくもので
作っていくもので
たとえばおばあちゃん家にある
お漬物みたいに。
たとえば老舗のうなぎ屋さんの
秘伝のタレのように。
私たちは1日1日
家族になっていく。

それがいぶきにとって
夫にとって
そして私たちを取り巻く
あらゆる人にとって
「なんかいい感じ」 なもので
あることを願っています。




にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ





スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。