いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ケンカの後で
「お世話になった先輩の送別会だから、出たいんだよね。
そのかわり、二次会までお膳立てしたらすぐ帰ってくるから」
次の日、早朝から人と会う大事な約束があって
そのことで、その日のうちに話し合っておかなければいけないこともあった日
夫はそう言って、呑み会へ出かけていった。

が!しか~し!
夫から、今から帰るコールが入ったのは午前0時。
家に帰りついたのは、午前2時。
夫ではない、別の所帯持ちの方の
「さすがにこの辺でお開きだろ」 という言葉がかかる
その時まで、居酒屋フィーバーをしていたわが夫。

いや、きっと家のことが気になっていただろう。
気の小さいあなたのことですから・・・
盛り上がってるところを、先に帰る、なんて言い出せなかったんだろう。
そんなことも、軽く想像がつきます。
気の小さいあなたのことですから・・・

けれど、けれど
それをゆるせる日とゆるせない日があることを
どうかわかってほしい。

待つってけっこう疲れます。
約束守れないなら守れないで
そう連絡くれれば、こんなにくたびれ果てることもないだろうに・・・

夫婦って難しい、と思うことが時々ある。
どちらかがどちらかに、何気なく合わせている瞬間
けっこうがんばって、譲ってる瞬間
違う人間が同じ屋根の下で暮らすってことは
それなりの忍耐と妥協が必要だと、勉強する今日この頃。

結局その日は、ほとんど徹夜で話し合い。
なぜか逆ギレする夫に
それは反則だろう、お前は亀田か!と内心思いながら
ここは正念場だとふんばって切々と話す私。

かなりうっとうしい女だったことは間違いないと思う!が
これから長い年月共に暮らしていく相手と思えば
ここまではゆるせるけど、ここからはムリよ!ということを
伝えておかなければいけないと思ったし
同じことを、例えば仕事関係のところでやっちゃった場合
「それは自分が弱いからです」 なんて言い訳
世間や会社がゆるすわけないだろ!と思うので
地震!雷!火事!嫁さん!の勢いで
がんばりました。誰も褒めてくれないけど・・・

そんなささやかなバトルが繰り広げられていた夜更け・・・
不穏な空気に熟睡できないらしいいぶきが
時々むくっと起き出して
私のそばに来て座ったり
夫の横に行って、寄り添ったり
一番、迷惑をこうむったのはいぶきだったかもしれません。





おちょぼ口、いぶきのつぶやき
「けんか、終わりましたか。夫婦は鏡だって言いますよ」


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
















スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。