いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
柿、実る
今のマンションに引っ越してきて3ヶ月。
急な引越しで、ペット可、しかも大型犬もOKというところを慌しく探して
ようやく見つけた物件。
ベランダから見えるあぜ道には、コスモスが咲いている。
時々まだ、つくつくぼうしの鳴く声も聞こえてくる。
金子みすずの詩集でも開いてみたくなる今日この頃。

かわいそうなのは、わが夫。
通勤時間が今までの倍。
ただでさえ交通の便の悪い田舎にいて、ラッシュ時には恒例の大渋滞。
バックミラー越しに見ると、後ろの車ではOLさんらしき若い女性がお化粧をしていたり
DSやPSPに熱中している人もいるらしく
皆さんそれぞれ、渋滞中のやり過ごし方があるみたいです。
かくいうわが夫には英会話のCDを持たせてみたものの、すぐに挫折したらしく
CDケースにしまわれることもなく、裸で車内に放置されて
すっかり埃かぶったCDをこの前発見しました。

夫よ、物を粗末にするなと母から教わらなかったのか?
20070908181319_20071010155137.jpg

「物を粗末にする奴は地獄に落ちるんだぞ」

物の大切さを知っているいぶきさんは、今日も朝からゴソゴソと怪しい音を立てる。
「いぶき、ゴミ箱あさったらダメだって言ったじゃん」
「なんだよ、味がするティッシュペーパーがゴミだなんて、僕は認めないぞ。おいしいんだぞ!」
「でもいぶき、すぐお腹こわすじゃん。またお腹痛くなって、お散歩行けなくなっても知らないよ~」

食べるべきか、食べざるべきか、今日もいぶきは悩んでいる。

お隣の畑の柿の木に実がついて、黄色く色づきはじめた。
稲刈りが終わって、茶色い土と緑の草木の風景の中で
もう秋だよ、もうすぐ冬だよと教えてくれる。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
少しずつ崩れていく智恵子に宛てた高村光太郎の飾ること無く綴られた詩は私の考えていた恋とか愛とかとまったく違ってものすごく美しく儚く思えた。智恵子の魅力を惜しみなく披露し愛したとても素晴らしい詩集だと思います。泣きました。人を愛することってこんなに素敵なこ
2007/10/14(日) 07:11:37 | 詩集を攻める
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。