いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いぶきの時間
たとえば皮膚に
古い傷跡があって
それは、確かに
医学的には体に
悪影響を及ぼすことはないのだけれど
その傷跡を見ると
その傷跡が
まだ跡じゃなくて
傷だった頃の
痛みを思い出す。
その傷のできた瞬間の
恐怖と痛みを思い出す。

それでもいつも
その古傷のことを考えているわけではなくて
たいていは忘れている。
忘れていられる、と思っていたら
それはただ、また別の
新しい傷跡や
跡になっていない傷に
気をとられているからなんだと
なんとなく思ってしまった。

それがたとえば皮膚なら
古傷の上に
また傷を作って
その傷が
治るか治らないかのうちに
また新しい傷を作って
痛みは増え
涙を流しながら
それでも今日も生きている、と
なんとなく思ってしまった。

別段、暗い気分でもなく
特別、不幸だなんて
もちろん思うはずもなく
なんとなく、たまには
自分の中にある
新しい傷も
古い傷も認めてあげて
わかっているよ
ちゃんと、わかっているよ、と
言いたいなぁと
そんなことを考えています。

悲しい人を置き去りにして
苦しい人を置き去りにして
なんだかやたら
忙しなく過ぎていくように
自分の周りに流れていく時間を思うとき



















201002051いぶきの時間


私はいぶきを見つめます。


















201002052いぶきの時間


人間の6倍のスピードで
成長し
老いていくと言われている
ワンコの人生。
けれどいぶきはぜんぜん焦っていないし
いつもそれが当たり前みたいに
悠々とたたずんでいる。




















201002053いぶきの時間


まるでどこか遠くの外国の
湖の辺に生えた木の枝の
一番、先の
芽吹いたばかりのつやつやした葉っぱから
奇跡みたいに美しい朝露が水面に落ちて
ゆっくりと波紋を広げるみたいに
いぶきの人生は
まあるくて、やさしい。

どんな傷も治せなくても
どんな傷も癒そうとする
包もうとする
暖めようとする力を
私はいぶきと
いぶきに流れる時間に
感じています。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。