いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
鳩は意外と凶暴です?
201005221鳩は意外に凶暴です


いぶきのお誕生日も近いので
熱田さんへ
お参りに行ってきました。

いつもはあんまり引かないおみくじも
ひいてみました。
木の筒のようなものを振ると
細い木の棒が
筒に開けられた穴から
1本だけ出てくるという
よく見かける形のおみくじで
ここぞとばかりに
筒をふりふりしていたところ
私の前のお兄さんが
「あ、俺十四番」 との声。
まだまだふりふりしていた私の横を
通り抜けざまにお兄さんが
「げ! 中吉かよ~」 とつぶやいた瞬間
私の握っていた筒から
細い木の棒が出てきました。
まさかの十四番です。

お兄さんからすでに「中吉」 という
情報は取得済みだったため
一応、見えないように
反対向きに渡されるおみくじの
あの、わくわく感は一切なく
こんなこともあるんだね、と
夫とゲラゲラ笑いながら
おみくじを結んできました。




















201005222鳩は意外に凶暴です


地味に「吉」 をひく
中間管理職な夫。
いろんな意味でドンマイ!(笑)

私の方は、開運色に
「黄色」 とあって
そのときのお洋服が




















201005223鳩は意外に凶暴です


まぁ! 黄色!(笑)

「中吉」 の運を
半分くらいは
使ってしまったじゃないかという
黄色具合でした。





















201005224鳩は意外に凶暴です


ゆっくりと散策していると
甘味処を発見。
奥まったところにあって
今まで気づきませんでした。

ちょっとだけお腹がすいていたので
そこでおにぎりを食べ(甘味処なのに)




















201005225鳩は意外に凶暴です


テラスに出てみました。

一応、喫煙所ということだったので
人のいないタイミングを
見計らって。


















201005226鳩は意外に凶暴です


100円で買った
鯉のえさ。
鯉のえさなんて
買ったの何年ぶりだろう、というくらい
久しぶりに買いました。

そこにもいたのか~! というくらい
池の底から
鯉さんが次から次に。
私はどうも性格が捻じ曲がっているらしく
ちょっとどんくさいのかな
のんびり屋さんなのかな
それとも身体がきつくてゆったりなのかな、という
遅れてやってくる
私の手にある、わずかなえさをめぐる
激しい生存競争には
とても勝てそうにない子めがけて
えさを放ってみたりしました。

夢中になっていると
いつの間にか





















201005228鳩は意外に凶暴です


鳩たちに囲まれている。






















201005227鳩は意外に凶暴です


軽く20羽はいたと思います。
空中のえさをめがけて
ぱたぱたと羽ばたくので
そこら中、鳩さんの毛が舞って大変。
この際、こっちの方がいいんじゃない、と
直接、手からえさをあげていた夫
たぶん10回は「イタイ!」 と
言っていたと思います。

その後も鳩さんご一行は
えさがなくなるまで
私たちの周りを
ぐるんぐるんと飛び回り
あげくには鳩さん同士で
ケンカまではじまってしまい
鳩って意外に凶暴だったりするのね、と
ちょっと怖かったです(苦笑)



















201005229鳩は意外に凶暴です


帰り際、開運色の
黄色のコートに
鳩さんのフンを見つけ
「運がついてよかったじゃん」 と
夫にまたまたゲラゲラ笑われました。





















2010052210鳩は意外と凶暴です


お家に帰って
いぶきにお守りを見せて
せっせとフンの染み抜きをして
まぁ終わってみると
悪くない日だったなぁ、と。
鳩は意外に凶暴だった(のこともある)
ということも分かったし(笑)

運がついたと思って
コート、大切にします(笑)

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。