いぶログ

12才になりました。いぶきと私と夫の徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「いぶきが見てるよ」
私は、自他ともに認める大の泣き虫で
夫からは今まで出会った人の中で
一番泣き虫だと笑われている。
(ちなみに、自分より泣き虫な人を
私はひとりだけ知っている。それは父だ)

あんまり泣き虫なので
いっぱい泣いたあとは
お水をいっぱい飲んだ方がいいとか
眠るときに、まぶたを冷やすと
翌日、少しは腫れぼったい目が
ましになるだとか
いろんな人から
いろんなためになる話をしてもらった。
そのおかげもあって
今も安心して泣き虫でいることができる。

先日、あんまり私が泣いているので
夫が心配して
私が好きなアイスクリームを買ってきたり
お気に入りのお店に連れて行ったりしてくれて
その間に、いろんな話をした。

すごくあいまいな言い方になってしまうけれど
要約するとつまり
これからどう生きていくか、みたいなこと。
いぶきのこと。
私の身体のこと。
夫の仕事のこと。
家族との付き合い方や
面倒くさいけれど
避けては通れないお金の話も。

そして、話せば話すほど
生きることは大変なことだと
あらためて実感した。

私たちは、朝起きて
夜、眠りにつくまで
(夜勤の方もいらっしゃいますね)
それはいろんな雑務をこなして
心配事があったり
不安なことがあったり
体調が悪かったり
仲良しの友達とケンカして
気分が落ち込んでいたり
別に何があったわけでもなく
突然、猛烈なさびしさに
襲われたりしながら
家賃を払い
光熱費を払い
所得税を納め
年金を納め
消費税も納めて
日本国民である義務を果たし
社会人として義務を果たし
考えれば考えるほど
身体を羽交い絞めにされているような
がんじがらめで
身動きがとれないような
窮屈さに襲われます。
昨日、参議院選挙が行われましたが
落選した現職閣僚を
民間人として登用
続投させる意向を
菅首相は示されているということで
本当に世の中は
釈然としないことが数々あって
たとえば私に子どもがいて
「お母さん、これってどういうことなの?」 と
聞かれたとき
その子が納得できるだけの答えができる
自信がありません。

と、また
そんなこんなで私はいちいち落ち込み
落胆しては涙を流し
なんだか元気がないので
とうとう夫から
「いぶきが見てるよ。心配してるよ」 と
渇が入りました。

そうなのです。
いぶきは見ているのです。


















201007122いぶきが見てるよ


いつもより、私のそばにいたがり
どこに行くにも
ついて来ようとします。
















201007121いぶきが見てるよ


なでると、いつもよりぶんぶんと
尻尾を振って目をキラキラさせて
「もう元気になりましたか」 と
言っているような顔をして。
「いい子だね」 と私が言うと
「これも見て」 と言わんばかりに
ダウン(あごを床につける仕草) をしてみたり
お手をしてみたり
ちょっと頭ががちがちになって
「いい子だね」 と言うことが
いぶきのプレッシャーになって
いい子でいなくてはいけない、と
いぶきを我慢させてしまってはいないだろうか、と
最近「いい子って言うのはね
たとえ何にもしなくても
何度失敗しても
どんな風になっても
いぶきのままで
もう丸ごと大好きだよってことだよ」 と
話をしたとき
あぁ、言わなくても
いぶきには伝わっているなぁと
何の根拠もなく
けれど確かに確信したのを思い出し
いいことも悪いことも
私たちは伝え合って
分け合って
暮らしているんだと
あらためて実感しました。


















201007123いぶきが見てるよ


たくさん寄付もできないし
たぶん私にできることは
できないことの
1000分の1くらいで
それでもその1をやるのか
1だったらやらない方がいいと
放り捨ててしまうのか
きっと生きている私たちは
日々、試されていて
日々、選択を迫られていて
意識的に、あるいは
知らず知らずに
決断を繰り返して
暮らしているのだと思う。

この、世知辛い人生を
生き抜くのに
やっぱり私には
泣き虫という一面が必要だと思う今日この頃
けれどそばには
私を信じ
信頼してくれるいぶきをはじめ
大切な人がいることを
いつも心に留めておこうと思う。

本日のいぶログ
「明日にはきっと元気になります」 の
希望と覚悟を込めて
これにて、おしまい。

読んでくださった方がありましたら
心よりお礼申し上げます。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
多分私も同じです。
時々とてつもなく
不安だったり悲しかったり
どうしようもなくて
夫に当たったり…。
どんなに世知辛い世の中でも
どうしようもできないことがあっても

いぶきママさんを
見つめる真っ直ぐな瞳が
傍らにあって
優しいぬくもりがあれば
きっと明日は元気でいられます。
泣きたい日は我慢しないで
泣けばいいんです。
2010/07/13(火) 00:16:14 | URL | teddyjudy #-[ 編集]
teddyjudyさんへ
あたたかいお言葉とお心をいただき
心からお礼申し上げます。
また、teddyjudyさんご自身の
お話までしていただき
なんだかとても
心強さを感じております。
世の中には
不条理やことや
不合理なことがいっぱいあって
とても公平とは言えなくて
けれどそれに
矛盾を感じたり
苦しさを覚えるのは
私だけじゃない、という事実は
ほんとうにありがたいです。
人間は、本当のところでは
やっぱりどこか孤独なんだけれど
確かにつながっているところもあって
人に絶望しても
やっぱり助けてくれるのは人だったり
うまく言葉にはできないのですが
とにかく、くさらずに
投げ出さずに
地道に、誠実に
暮らしていく大切さを実感しています。

いぶきのためにも
私はもう少し
うたれづよくなった方がいいと思うのですが
(苦笑)
本当に変わる必要性があれば
たぶん、いつか変わるものだと思いますし
あせらず、自分のできることから
はじめていきたいと思います。

このたびはすてきなお言葉をいただき
本当にありがとうございました。

teddyjudyさんにもどうぞ
どうしようもなく
悲しいとき、さびしいとき
そういうときが訪れても
1日でも早く
1時間でも早く
それが通り過ぎることを
愛知より祈っています。
2010/07/13(火) 19:25:31 | URL | いぶきまま #-[ 編集]
それって、大人になると(笑)、多かれ少なかれ、誰でも経験すること、味わうことなのだと思います。

人生の中で、『悩める時期』があることは・・・・、もしかしたら恵まれているのかもしれません。
悩む余裕があるっていうことですからね。

目の前のことで精一杯になると、悩むどころか思考回路が停止しますよ(笑)。


私は、少しだけ(笑)人生の先輩ですが、
ほーーーーーんとに、毎日悩んだり不安になったりしていましたよ。
いぶきママさん位のころ。
そしたら、過呼吸になってね~。
でも、やさしいはずのダンナには、理解してもらえませんでした。





どうやって、抜け出したのかなぁ~?

たぶん、もっと大変なことが次から次へと襲ってきて、目の前のことをクリアするので夢中で、今に至ったのだと思います。

今は・・・、悩みは種類が変わりましたが、無いわけではなく。
でも、『悩むと身がもたん!』・・・ということに気がついて(笑)。


『いやなことは・・・、気がつかないふり。』
『やりたくない事は・・・、見なかったこと。』

ということにしました~。





この先、また乗り越えなくてはいけない壁もあるけど、
壁が近づいても、悩みません。
ぶち当たってから、そのとき考えますわ~。
悩むのではなく、解決しますわ~。




って、書いてみたけど。
これって、私自身に言い聞かせてます。

ほぼ毎日、自分に言ってます。
いぶきママさんには、当てはまらないかもしれません。
でもでも、書いちゃいました。


私も、ワンコたちにたくさん心の空間を広げてもらってます。
風通し、良くなるよね~~。
2010/07/15(木) 07:44:53 | URL | saku #JalddpaA[ 編集]
sakuさんへ
sakuさんからのコメント
大切に大切に
拝見させていただきました。
sakuさんご自身が
経験され、今のsakuさんに至る
大切なお話を聞かせていただきましたことに
心から感謝しています。
貴重なお話をいただき
本当にありがとうございました。

私はまだまだ勉強不足というか
学ぶことがきっといっぱいあって
それをひとつひとつクリアしていく
過程の中にいて
だからこそ、悩めるという
貴重な時間を
過ごしているのかもしれないなぁと
sakuさんのコメントを拝見して感じました。
そして多分
その過程というのは
私が生きているうちは
ずっと続くのかもしれない、とも(苦笑)
それは、あきらめと言ってしまえば
なんともそっけなく聞こえてしまいますが
そうしてどこまで私のまま
壊れないで生きていけるのか
自分の人生をもって
試してみるか、という
そういう感覚があります。

これからもきっと
幾多の困難が待ち受けていると思いますが
きっと同じくらいの
たくさんの嬉しいことや
楽しいことが
きっと待ち受けていてくれると信じて
今日も努めて生きたいと思います。

あらためまして、このたびは
すてきなお言葉をいただき
本当にありがとうございました。

2010/07/20(火) 18:54:36 | URL | いぶきまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。